インプラント治療の流れについて < TOP

インプラント治療の流れ

初診
カウンセリング→検査→初期治療
コンピュータシミュレーション
CTにてお口の状態を撮影。3Dコンピューターシミュレーションにて治療設計
フラップ手術

一般的なインプラント手術
(2回法)

  • インプラント埋入予定部位の歯肉をメスで切開します。
  • 歯肉を剥離して顎骨を完全に露出させてから専用ドリルで骨を削ります。
  • インプラントを埋入して歯肉でふさぎ、縫合します。
  • 約3ヵ月後に歯肉を切開して土台(アバットメント)を付け替えて最終的な歯を装着します。

フラップレス手術

メスを使用しない無切開手術
(フラップレス術式)
手術前にCT撮影を行い、コンピュータ上でインプラント治療計画を立て、安全に手術を行うための手術用テンプレートを作製します。

  • 手術用テンプレートを装着して小さな穴を開け、骨を削ります。
  • そのままインプラントを埋入していきます。
  • 骨の状態が良く、初期固定がしっかりしていれば、手術当日に仮歯を装着することも可能です。

グラフト
GBR、サイナスリフトなど骨を作る治療法。
グラフトレス
骨を作らず行う低侵襲な治療法。

インプラント治療完了:上部構造(歯の冠)を作成、装着しメンテナンス開始