インプラントについて < TOP

インプラントとは

歯が無くなった顎の骨に、人工の歯根(インプラント体)のボルトを埋め込んで、新しい土台を作り、その上に人工の歯をつけるという、新しい歯科治療方法です。

このインプラント体(フィクスチャー)は、骨との親和性の良いチタン合金が使われています。チタン合金は、骨との親和性が高く人体への影響はほとんどない安心な素材です。

インプラントは、噛む力や耐久性が天然の歯に近く、また骨と直接結合するため沈み込みがなく、他の歯を沈み込みの力から守るという効果もあり、日々の歯磨きを通常より丁寧にするだけで、自然の歯と同じように使えることから、”第二の永久歯”といわれています。

インプラントと他の治療の違い

通常歯を失った場合、両隣の歯を削って橋渡し(ブリッジ)をしますが、インプラントの場合は両隣の歯を削らずにすむのが一番のメリットです。

また、後方の歯を失った場合にやむを得ず義歯にしていた症例も、義歯を使用しないですむケースがあります。

天然歯は骨の中で多少の沈み込みがありますが、インプラントの場合、骨と直接結合するため沈み込みがほとんどありません。これにより沈み込みの力に負けて痛めつけられていた周囲の歯を守る効果も持っています。

ブリッジの場合

インプラントの場合

インプラント治療のメリット

入れ歯でも噛める
インプラントによる入れ歯なら、天然の歯とほとんど同じ感覚で噛むことができます。
違和感がない
入れ歯と違い、装着したときのような異物感がなく、違和感がまったくありません。
発音がしっかりとできる
入れ歯の場合は入れ歯を作る技工士の技術によっては、発音のしづらい場合がありますが、インプラントは発音には全く影響を与えません。
人前でも自信を持てる
自然な見栄えや表情を取り戻すことができ、人前で話すことにも抵抗感がなくなります。
バランスがよい食事が楽しめる
なんでも良く噛めることから、食事の際の制限がなくなり、バランスの良い食事が楽しめます。
心も健康に
楽しい食事は体を健康に保つだけでなく、心までも健康にします。
健康な歯を削らない
並列している健康な天然歯を削ることなく、喪失している部分だけをインプラントによって補えます。
食事がおいしい
義歯では、噛む力が弱くなったり、粘膜の一部が覆われたりすることで味覚が低下することがあります。インプラントでは味覚の低下する要素は見当たりません。
骨の退化の抑制
歯根を支えている歯槽骨は歯があってこそ健全に保たれています。歯が失われると急激に吸収されてしまい、入れ歯は吸収を加速させると言われています。最終的にほとんど顎の骨が退化してしまうケースもあります。インプラントは骨の吸収を抑える働きをして、若々しい表情を保ちます。
スポーツ能力を高める
スポーツをやっている方たちは、知らず知らずに歯を食いしばって力を出しますが、歯がボロボロになってしまいます。入れ歯ではそのような力に耐えられませんがインプラントならば対応できるのです。
作り替えは不要
インプラントは人工歯ですから、天然歯と違い虫歯にはなりません。ホームケアは天然歯と同様に歯磨きや歯間ブラシなどが必要です。
入れ歯の場合は何年かすると負担がかかった歯が傷むため、作り替えたり、入れ歯の範囲を増やしたりしなければなりません。また、歯茎が萎縮するなどして合わなくなることもあります。
インプラントは定期検診以外には通院の必要はなく作り替えはありません。

インプラント治療の成功のポイント

インプラント治療を成功へと導くには、どのような歯科医院を選ぶのかが重要になることは言うまでもありません。 しかし、本当にインプラント治療を成功させたいと思うのであれば、治療を受ける患者さん自身の治療に対する意識も重要になります。

術者のインプラント治療の経験値

インプラント治療では、ドクターの専門的知識と豊富な経験、そして高度な技術が必要です。

特にインプラントを埋め込む外科治療では、その治療のより専門性が必要だといっても過言ではありません。

当院では、知識・経験・技術は高い水準にあると考えておりますが、より高めるために勉強会・講演会・講習会などには常に参加し、日々研鑚を積んでおります。

インプラントシステム

歯科医院で使用しているインプラントシステムがどういうものを使用しているかということも重要なポイントです。

体の中で長く機能を維持させる訳ですから、使用するインプラントメーカーサイドの長年の実績が必要となるのは当然です。

当院で使用するインプラントシステムは、ノーベルバイオケア・インプラントをはじめ、ストローマン・インプラントと世界のトップシェアで高水準で長年の実績があるものだけを使用しています。

分析・安全システム


骨の状態や血管位置などを正確に確かめる場合に、CTデータなどの詳細な分析ができるシステムも成功するポイントになると思います。

また、事前にコンピューターシミュレーションを行うシステムも安全面を考慮すると必要です。これは歯科医師の勘と経験だけに頼る不確かな治療を防ぎ、より安全にインプラント治療を行うためです。

歯科医院にそういったシステムが備わっているのかを十分に把握しておきましょう。

当院では精密な分析を行うために、ハイスペックなCTスキャンであるファインキューブや安全にインプラント手術を行うために3Dコンピューターシミュレーションシステムのノーベルクリニシャンを導入し、安全に関しての設備投資や技術投資は妥協すること無く、安全性の高い医療提供を目指しております。

その他の歯科医院側のポイント

  • 患者さんとしっかりコミュニケーションをとってくれる
  • カウンセリングをしっかりとしてくれる
  • 治療計画をしっかり立ててくれる
  • 衛生管理をしっかり行っている
  • 治療費の詳細を教えてくれる
  • アフターケアをしっかりと行っている
  • 学会やスタディーグループに参加し、インプラント治療に対し日々勉強している

患者さん側のポイント

  • 自分の意思をしっかり歯科医に伝える
  • インプラント治療について、ある程度知識を身につける
  • 正しいブラッシング(歯磨き方法)を身につける
  • 定期健診をしっかり受ける
  • 健康管理

上記がインプラント治療において成功する条件と言えるでしょう。一番大切なのはドクターと患者さんがしっかりコミュニケーションをとる事だと思います。

患者さんに納得していただけるまでしっかり説明し患者さんもしっかり理解すること。これが大切です。

当院では、正確にそして安全にインプラント治療を行うことはもちろんのこと、術後もしっかりと長くインプラントが機能しつづけるように、患者様と一緒にケア・メインテナンスにも力を入れ取り組んでおります。

当院で使用するインプラントシステム

ノーベル・バイオケア

ノーベル・バイオケア社のインプラントは、ブローネマルク博士によって開発され、1965年に臨床応用されてから45年以上の実績を持つインプラントシステムです。

ノーベル・バイオケアは、34カ国に営業拠点を持ち、70カ国以上に製品を供給し、世界中で大きなシェアを持つデンタル・インプラントのリーディングカンパニーです。

ペイシェントカードとインプラント認証システムについて

当院では、ノーベル・バイオケア社製のインプラントを治療に使用した際にはノーベル・バイオケア社から発行されるペイシェントカード(治療記録カード)をお渡ししております。

このカードに記載されているLOT番号を専用ウェブサイトに入力することで、ノーベル・バイオケアのインプラントが治療に使用されていることをご確認いただけます。

ノーベル・バイオケア社の製品を証明をできるノーベル・バイオケア社の専用ウェブサイトは下記からご覧ください。
【ノーベル・バイオケア社 認証システムサイト】

10年保証プログラム

ノーベル・バイオケア社製のインプラントには、10年間の保証プログラムがついています。

埋入時から10年間の間に、埋入された骨から脱落、破折が発生した場合、そのインプラントに加えて、脱落、破折時にインプラントに使用されていた修復用コンポーネントを同一のノーベル・バイオケア社製のインプラントおよび修復用コンポーネントに無償で交換することが可能です。